「パッチギ!」

『パッチギ!』

物語は、--1968年
京都の高校生と、朝鮮学校の学生たちとの、恋とケンカの日々。

なんだけど、これ、
新選組の時代から約100年後の京都、なんだよね。。

木刀をかついで街を闊歩する青年たち
路地でメンタ切ってにらみ合う集団
この国は世界はどうなるんだと憂える者たち
鴨川の河原での大決闘

血を煮えたぎらせて闘う若者たちが
まるで幕末の浪士たちのように見えてしまうのだ。

60年代という時代背景もある。
日本と近隣諸国が荒れていて、若者の心が大きく動いた時代。
世界が変わっていく予感。体制への反発。
エネルギーがあふれてとまらない。
そんなところが、妙に幕末に似ている。
竜馬のように登場するフォークシンガーもいたしね。
19歳の豊田勇造はあんなふうだったのかも。

そんな風雲の中、
近くにいるのに遠い存在である在日朝鮮人との関わりが描かれる。
朝鮮との関わりを描くことの難しさを、この映画でもやはり痛感した。

まあ、答えなどすぐに出るものではないし。
知らなかったことを素直に認め、自分から歩み寄る。
理解されるより理解することを、とまとめておこう。

暴力シーンが多すぎて、
残念ながら、子どもと一緒に観ることができない映画だった。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。