読書

梅原猛著『法然の哀しみ』を読み始めています。
冒頭の、法然を把握すれば日本の仏教の全体を見渡すことができる云々の言葉に、つい手が伸びました。
こういう「史実に基づいた一代記」のような話は好きなのです。
梅原氏の「自説」に検証を牽引するような印象がなきにしもあらずですが、今のところおもしろく読んでいます。
相変わらず寝る前に数ページずつというスローペースです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。