「北の零年」

『北の零年』を観た。
この寒い日に、さらに寒い映画を…。

考えてみれば、吉永小百合の主演映画を観るのは初めて…かな?
振り向きざまの姿など、絵になる女優さんだし、
それを絵にしようとしたら、ああいう演出になるのだろうな。

淡路から北海道に流された稲田家の話については
池澤夏樹著「静かな大地」が興味深い。

和人の側から語られることの多い北海道の歴史を、アイヌの視点を交えて描きこんである。
『北の零年』に物足りなさを感じたら、ぜひ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。