入浴剤

お風呂になにか入れるのが好きです。
新商品や試供品がくると、いそいそと持ち帰って楽しみます。

でも、基本的に色がつくのはパス。
浴槽に色がついちゃって、洗うのが大変だし、
うちにはシャワーがないので、色つきのお湯でからだや髪を洗ってそのまんまっていうのも
なんだかな~、って気分なので。
あと、固形物もパス。
パックにハーブが入ったのとか、ひのきのチップが入ったのとかいろいろあるけど、
お湯に何かが浮かんでるっていうのが、あんまり好きじゃない。
例外は、端午の節句の菖蒲湯と、冬至の柚子湯くらいかな。

で、必然的に、無色で香りがあるもの…となり、
重曹またはクレイをベースにエッセンシャルオイル配合、というタイプになる。

ねんどの入浴剤エッセンシャルオイルを混ぜるのが定番。
エッセンシャルオイルは子どもが触ってもいいようにラベンダーのみ置いていたんだけど
さすがに飽きてきたな~と思ってたら
サノフロールの入浴剤シリーズが、重曹ベースにいろいろなオイル配合で種類も豊富で
これはいい♪
オイルもストレートよりブレンドしたほうが、
香りもまろやかになっていいなあ。コーヒーみたいですね。

最近試したのが、ロゴナのホップ&カモミールバスオイル
これ、実は泡風呂。知らずにお湯に入れたらあわあわになってびっくり。
よく外国映画などでバスタブに泡をいっぱいたててるシーンがあって、
子どもの頃あこがれたよね~。
自然素材の入浴剤ではなかなか見つからないなあ、と思ってたんですが、
あったんですね~!
子どもも大喜びで使うので、あっという間になくなってしまった…もったいない…。
モンダイはうちにはシャワーがないので、泡を洗い流せないこと。
泡といっても石けんの泡とは違ってぬるぬるしないので、
泡が立っていないお湯をすくってかけるか、そのままタオルでふいちゃうか、
なんだけど、、、ムムム、、、。
リピートしようかどうしようか思案中です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。