いつか行った台湾 その2

その1からつづく

高雄

島影が近づく。
漠とした黒い大きな影に点々と明かりが見える。
ざわざわと心が沸き立つ。
これが、台湾。
しかし、寄港地・高雄までは
さらに島をぐるっとまわって南下しなければならない。
島が見えてから到着するまでの長かったこと。
港に入ってからがまた、長かった。
すぐ近くに見える岸になかなか近づかない。
聞くところによれば、船を泊める場所がないから
空くのを待っているのだと!
そんなこともありか、台湾。

入国の手続きがまた、時間がかかった。
船を下りたときはすっかり夕暮れになっていた。
船の揺れがからだに残り、多少ふらつきながら
港のまわりに立ち並ぶ港湾建物が夕日に染まるのを見上げた。

留学青年に案内され、くだんのおやじと3人タクシーに乗り
高雄の街中に入り込んだ。
銀行はもう閉まっていたが、青年がどこからか両替をしてきてくれた。
その上、おすすめの宿まで紹介してくれた。

宿に荷を下ろし、屋台の並ぶ繁華街へ繰り出す。
牡蠣の卵とじと青島ビールでまずは乾杯。

屋台の看板、道路標識、店に並ぶ商品・・・
漢字フェチの私は漢字がたくさん並んでいるだけで
うっとりしてしまう。
しかも、簡易中国語ではなく、旧字体。
それらの文字が、赤や黄色の電飾で派手に飾られ
屋台に並ぶぎらぎら光る魚介類とともに
これでもか、とまでに迫ってくる。

立ち上る湯気の向こうの小姐の笑い声、額に光る汗。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。