東京で泊まった宿

今年も残すところ10日あまり…。
でもあまり実感がわかないのは、妙に暖かい気候のせいなのか。

さて、東京で泊まった宿のことでも書こうかな。
イベント出張は、宿泊も楽しみのひとつ。
経費にはね返るのでもちろん安ければ安い方がいいんだけど、以前、部屋にしみついた
タバコの匂いで辟易したこともあったので「ある程度」のラインは確保したいし、
会場から遠いと、慣れない都会の「通勤」もつらいし…などなど
いろんな条件を頭に巡らしながら、ネットで検索。
そして見つけたのが、エコプロの会場のビッグサイトから、りんかい線で2駅目の
「新木場」にある「BumB 東京スポーツ文化館」でした。何か公共施設らしいです。

夢の島公園の中にあるので、環境的には、やすらぐ~んですよ。
やはり緑に囲まれていないと落ち着かないですからね。
新宿近辺で宿をとるときは、代々木ユース、これも公園の中にある公共施設なので
落ち着くんです。
駅から公園の中を延々歩いてたどり着くので、まわりにお店は一切ありません。
これを不便と感じる向きもあるかもしれませんが、私は気にしません。

で、この東京スポーツ文化館は、宿泊設備のほかに、その名の通り
プールやジムやフットサルコートなどのスポーツ設備が充実していて、
私はやりませんけど、そういう雰囲気はとても好きなので、
なんだかうれしい気分で過ごせましたね。
なにより、ロビーから見える人工芝のフットサルコートが2面。
夜も照明がついていて、仕事帰りらしいおじさんや若者たちがゲームを楽しんでたのが
今回の旅で、いや~都会はいいな~うらやましいな~~と思った唯一のことかもしれない。

部屋からは東京タワーと富士山と、沈む夕日が見えました。
残念なことに富士山の半分は高いビルに隠されてしまっていたけれど。
東京の空はやっぱりどんよりしていて、久しぶりに子どもの頃
光化学スモッグ注意報なんていうのがあって、学校に黄色い旗が掲げられた日には
プールが中止になったっけな~、なんてことを思い出しました。
今でもあるんでしょうか、光化学スモッグって。
駅から宿までの道中も車の排ガスがものすごくて、思わず売店に飛び込み
マスクを買ってしまいました。

部屋は大部屋もあるので、家族連れにも最適。
家族でスポーツ施設も楽しみながら泊まってもいいかな~なんて思いました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。