『あんにょん・サヨナラ』

靖国神社をテーマに、日本と韓国の市民団体が共同制作したドキュメンタリー映画
『あんにょん・サヨナラ』を観てきた。
戦争を知らない若い世代が日韓共同で映画作りに取り組んだ、と聞いて
ぜひ観てみたいと思ったのだ。

主人公は、韓国人の李熙子(イ・ヒジャ)さん。
李さんの父親は、日本統治時代の韓国で日本軍に徴用されて中国で戦死。
しかも、何も知らされることなく、靖国神社に祀られていた。
韓国にある李さんの父親の墓には、名前が刻まれていない。
「父の名前を返してほしい」
李さんは靖国神社の合祀取り下げ裁判を起こし、
映画は、その活動を支える神戸在住の日本人、古川雅基さんの視点からも描かれる。

李さんの戦後60年の闘いの中から
いまだ戦争が終わっていないことが随所に感じられる。
日本人の遺族には手厚く待遇された、生死確認、遺骨返還、損害賠償などの戦後補償が、
韓国人には不十分だ。
戦時中は日本国籍として戦争に駆り出されたというのに。

韓国の人たちが何度も日本人への「恨(ハン)」という言葉を口にする。
その言葉のもつ意味は鋭く突き刺さる。

李さんは父の60年目の命日に、戦死した中国を訪ねる。
父が亡くなった病院の跡地で
それまで気丈な姿を見せていた李さんは、なにかがはじけたように号泣する。

靖国に反対する立場だけでなく、右翼団体や靖国参拝を支持する人々の
インタビューなども挿入され
それをどのように受け取るかは、観客にゆだねられている。

靖国神社は何が問題なのか。
小泉首相の靖国参拝に、なぜ韓国や中国の人たちは反対するのか。
ニュースを見て、ふと湧き上がってくる素朴な疑問。
そういう疑問を持つ人にとって、この映画はわかりやすい参考書だ。

韓流ブームの中では見えない、韓国と日本の関係がそこに見えてくる。
若い人たちにぜひ見てほしい映画だと思う。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。