年末年始

あけましておめでとうございます。
「おめでとう」という気分になれないような年末年始でしたがいかがお過ごしでしたか。

大晦日、飯田は朝からの雪が午後には積もり始め、客足も途絶えがちになって、しずかな年の暮れでした。
いつもより早めに帰れたので、紅白も久しぶりに最初から最後まで観ることができました。
年越しは近くの神社へ。神社の隣にお寺があり、除夜の鐘を突かせてくれるというので、子どもたちも初めて除夜の鐘を突きました。
お寺でお参りして、すぐ隣の神社で拍手を打つ。とても日本的ですよね。でも、こういう多神教的なところが、日本のよさでもあると思いますけどね。

お正月休みの間に読んだ本は
魯迅の『阿Q正伝・狂人日記』岩波文庫
観たDVDは『ラスト サムライ』

話は変わりますが、最近、80年代~90年代の小劇場の舞台のDVDが販売されているらしいですね。
なかなか劇場に足を運ぶ機会に恵まれない者としては、けっこう垂涎モノ。
『劇団夢の遊眠社 COLLECTOR’ S BOX』とか、
『シアター・ゴーアーズ・コレクション』とか、かなり気になります。
あと『劇団青い鳥ドキュメンタリービデオ』なんていうのも。
「青い鳥」は舞台のビデオもあったと思うんだけど、もう販売していないのかなあ。
価格的に簡単に買えるモノでもないし、遊眠社なんてもう売り切れちゃってるし、まだまだ入手しにくいし、結局舞台を映像で観るってどうよ?って思うトコロでもあるけれど、わざわざ東京や名古屋まで舞台を観に行く時間もお金も今はとても捻出できないし。年に1回くらいは、舞台観に行きたいもんだなあ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。