静電気

毎年、冬になると悩まされるのが静電気。
ドアのノブや車のドアに素手で触るなんてもってのほか。
お行儀が悪いとわかっているけど、足で開けて蹴飛ばして閉める。
お店でおつりを受け渡すときにお客様にバチッと放電してしまうのもヒンシュクもの。
何かに触るたびに電撃が走る恐ろしさに、びくびく過ごす日々。

…だったんだけど、今年はなぜか、違う。
感電しない。
まったくというわけではないけれど、例年に比べれば100分の1、
鼻歌まじりでやり過ごせるほどの軽さだ。

いったいどうして?
着ているものは去年と全然変わらないし(自慢?)
パソコンの前に一日中いる職場環境も相変わらずだし
去年と比べて変わったことといえば…
「引っ越した」

もしかして、磁場が違う?何かわからないけど
電気がたまりにくい磁場がある?

なんて、考えすぎだろうが、しかし不思議なのだ。

例年と比べて今年は静電気が少ない、という気象情報も聞かないし
そういう例も身近では聞かないから
個人的な何か変化なのかなあ?

それでも、油断しているとまたバチッときそうな気がして
やっぱり足でドアを閉めている。許してね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。