『献立帳』 辻留 辻嘉一

 先日、店の裏にある物置を片づけていたら
 昔買ったまま読んでいない本が数冊
 がらくたの下に埋もれていました(>_<)
 こんなところにあったのか~探してたのに~
 と、すかさず救い出し
 汚れをきれいに拭いて持ち帰りました。
 その中の一冊に
 『辻留 辻嘉一献立帳』
 という文庫本があり
 半身浴のお供にと
 お風呂の中に連れ込んで
 夜な夜な読んでおりました。
 わたし「辻留」という料理屋さんのこと
 全然知らなかったのですが
 京都を発祥に、銀座にまで店を構える
 有名な懐石料理店なんですね。
 その2代目の辻嘉一さんが
 食材、器、おもてなし、茶道、懐石などを
 題材に書かれた文章なのですが
 軽い語り口でありながら
 しっとりと奥が深く
 料理や食材への想いがあふれる
 とても味わい深い本でした。
 エッセイごとの末尾をみると
 昭和20年~40年くらいに書かれた文章であることも
 驚かされました。
 この本を読んでいる間は
 少しは辻さんの想いが乗り移ったようで
 いつもよりていねいに美味しく
 料理ができたように思います。
 読了後、アマゾンで調べてみたら
 この本すでに絶版なのか
 古本で3倍近くの価格になっていたのには
 驚きました。
 がらくたに埋もれ
 風呂でふやけてしまった本
 実はレア本だったとは・・・
 これからは大事にします(^-^)ゞ

辻留

 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。