五行で自分を診てみる

五行

立冬です。冬に突入です。

わたしの生域温度帯は 25度から35度なので
立冬から立夏までは、仮死状態になります。
先に謝っておきます。
使い物になりません。
ごめんなさい。

五行図でみると腎と肝が弱いということ。

まさにそうなんですよね。

わたしのからだのトラブルといえば、目、歯、膀胱。
いつも目が疲れてるし、歯もあまりよくない。
緊張するとトイレに行きたくなる。
花粉症もある。

その逆で、
わたしはめったに吐いたり下したりしないので
胃腸はまずまず丈夫なのでしょう。
長距離走が得意で、心臓も強い。

心や肺大腸~夏から秋にかけては調子がいいんです。

なかなかわかりやすい・・・。

だから対処法もわかりやすいはずなんです。

腎の季節は睡眠が大事。
しっかりぐっすり寝ないといけません。

最近、半身浴する時間が遅くて
寝るのが2時半とか3時になてしまっているので
これを改めて、しっかり睡眠とらないと、です。

そしてもちろんあたため強化。
あたためるのは肝腎。

いま、湯たんぽ2個入れて
1個は足元、1個は背中(腎)や脇腹(肝)にあてています。

寝るときの足元はなかなかすごいです。
靴下6枚 手編みウールソックス 二重織りレッグウォーマー

このくらい履かないと
明け方、足が冷えて目が覚めます。

食べ物は黒いものを食べる・・
玄米、ゴマ、黒豆、ひじき、昆布、ごぼうなどなど

傾向と対策をふまえて
実践していきたいものです。

えっ、五行って何のこと?と思われる方はこちらをどうぞ。

冷えとり温ちゃんの陰陽五行の話


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。