お湯に温度をもらいましょう

お湯に温度をもらいましょう
なんてステキな表現でしょう。
ほぼ日刊イトイ新聞の「今日のダーリン」で
糸井重里さんが、お風呂について語ってます。
それがもう、ほんわかやさしくて
お湯に入ってるようなゆるゆるな心持ちになる。
冷えとりだ~半身浴だ~って
わたしたちオススメしてますが
ついつい「~ねばならない」になりがち。
こんなふうに、ゆるっと語っていただくと
自然と「そうだよね~」って思えますよね。
なにより
糸井さん、本質をわかってらっしゃる。
facebookの冷えとり茶話会でも
半身浴5時間した人が
責めたり攻撃する「冷え」がお湯に溶けだすみたい。。。
と、書いていました。
たかがお風呂。
でも、スゴイんです。
というわけで
「今日のダーリン」全文 コピペしちゃいます♪
ぜひ読んでください♪
__________________________________________________________
 
・これはもう、根拠も証拠もなんにもないんだけど、
 ぼくの直感にしか過ぎないかもしれないんだけどね。
 いつも機嫌のよくない人とかさ、
 ものすごく忙しそうで取りつく島もない人とかさ、
 なにかと冷笑的に否定する人とかさ、
 どんなことでも悲観的に考える人とかさ、
 ‥‥いや、ちがってるかもしれないよ
   ‥‥その   
 勝手な思いこみかもしれないんだけど、
 お風呂に入ってないんじゃないかと思うんだよ。
 シャワーだけですませるとか、
 ささっと義務的に入って暖まらずに出ちゃうとか、
 そういうことしてるんじゃないかとね。
 お湯にからだをつけて、ゆっくりと温度の交換をして、
 ふー、とか、あ~~とか、ため息ついたりしてさ、
 汗かいて、適当に肌なんかも色が変わったりしてね、
 そういう時間を過ごすのって、
 わりと忘れられてるような気がしたんだよ。
 
 バスルームっていうと、からだを洗うところとか、
 清潔方面の考え方する人も多いらしいけど、
 そんなに洗わなくたって、じゅうぶん清潔だと思うよ。
 そっちじゃないの、入浴の大切は。
 お湯にからだをつけて浮力をたのしむ。
 そして、温度というごちそうを肌から受けいれる。
 湯気を呼吸して、湿り気をいただく。
 お湯にじぶんをゆだね、まるごとをやわらかくする。
 これを毎日やっている人と、やってない人の間には、
 けっこうなちがいがあると思うんだ。
 
 ぼく自身、毎日お風呂に入る人ではあるんだけど、
 どうしても気ぜわしい日々が続くと、
 義務みたいに入浴を済ませようとしちゃうんだよね。
 そういういいかげんな入浴をした人間として、
 昼間の時間とかを過ごしたりしていると、
 「なんか、最近よくないなぁ」って感じになるわけよ。
 温泉ばかりがお湯じゃない、もっとお風呂につかろうよ。
 変温動物のように、お湯に温度をもらいましょうや。
今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
いいお風呂に入った日は、手帳に◎をつけるとかもいいね。 
_________________________________________________________ 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。