エンパス 共感能力の高い人

先日小野田さんに教えてもらった
「エンパス」についての本を読みました。

この本、実はずいぶん前にすでに買ってました。
自分でもうっすら自覚があったんでしょうね。
ピンときて買ったものの、その時はピンとこなくて
読んでなかったのでした。

家にあるはず、と思って探したけど
見つからなかったので、ブックオフで買ったら
職場の本棚にあるのが見つかって
いま、わが家に2冊あります。
てことは、うちにはエンパスがふたりいるって
ことかもしれないですね(笑)

「エンパス」とは
「エンパシー(共感能力)」が非常に高く
他人からの影響などを過敏に受けやすい人のこと。

わたしは自分がそんなにも敏感だとは思っていなく
むしろ「ふつう」だと思っていました。

でも、本を読んでいるうちに
幼い頃、思春期の頃、子育て中の頃などに
感じていた、どこか人と違う感じが
次々と思い出されてきました。

それが「エンパシー」によるものだという説明を読んで
「そうだったのか!」と目が開く思いでした。

ずいぶん長い間、自分の感覚と他者の感覚が
ごちゃまぜになっていて
いったいなにが本当の自分の感覚なのか
わからなくなってしまっていたし
そのことにさえ、気づかずにいたのです。

たとえば

・人がやりたいと言うことが自分のやりたいことのように感じてしまう
・人の気持ちを汲み取りすぎてしまう(それが思いやりだと思っていた)
・自分の深い本心を知るためにはひとりの時間と空間が必要

これらはエンパシーによるものだったと
初めて、自分の感覚を説明してもらえた感じでした。

一方、つらいことばかりではなく
エンパシーのおかげで得られたものがあることも
あらためてわかりました。

この本を読んで、自分は「エンパス」かもしれない、と気づいて
最初はけっこう動揺しました。

今まで閉じていたフタを開けてしまった・・
という感じで、感情、感覚がもれ出てくるし
でも、コントロールスキルはまだ身についていないし
手に負えない状態。

しかも、愛05を受けたあとで、ゆるんで巡って
グルグルな状態がからだの中にこもってしまっていました。

で、このちょっと困った感じをブロック解除したら
グルグルしていた「気」が
ぱあ~っと流れ出て、ずいぶんラクになりました。

そういえば
前回、愛05を受けた時は
1年くらい変化がわからなかったのに
ブロック解除を経験したら(全然関係ないお題だったのに)
そこからエネルギーが変わったのでした。

今回も
ブロック解除がトリガーになって
愛05のエネルギーが流れるようになったし
わたしにとっては、愛05とブロック解除、
なかなか相性がいいと思われます。

話を戻しますが

追求するタイプなので
HSC(人一倍敏感な人)や
ミラーニューロン(共鳴する運動神経細胞)と
どう違うのか?など研究したいことは
まだまだありますが

とりあえず、この本のなかのワークを
いくつか実際にやってみて
自分の感覚が細かくなることも感じられたし
境界をつくって自分の感覚を守るという方法や
グラウンディングも、役立つことだとわかりました。

エンパスの感受性に翻弄されずに
自分でコントロールするスキルを身につけることで
今まで押し込めていた、鈍らせていた自分の感覚を
拡大させても大丈夫なんだ、という安心感を得て

滞っていた自分の感覚を、今まさに修復中なのです。

この話、つづきます


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。