戦国時代に

 今まで時代劇モノといえば
 江戸時代から幕末・明治が守備範囲で
 戦国時代は手をつけたことがなかったのですが


 映画「清州会議」をきっかけに
 あの時代もおもしろそうだな~と興味がわき
 ふだんは観ない大河ドラマも、今回は欠かさず観ています。


 なにしろ戦国時代初心者なので
 登場人物も時代背景も成り行きもよくわかりません。。
 その分、毎回進展をワクワクしながら観ることができます。


 しかし、先日、ついに我慢できず
 司馬遼太郎の「太閤記」を読んでしまいました。
 


 松寿丸の運命も村重の行く末もわかってしまった・・・




 ワクワク感はちょっぴり減ってしまいましたが
 戦国時代のおもしろさの深みに
 さらに一歩はまりそうです(^^) 
 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. hana より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私は、小学生の頃から歴史は世界史、日本史が大好きで大河ドラマは昔からずっとみてます。結婚してから夫も大河ドラマにはまってしまいました。いろんな作品を観ていると、だんだん話しがつながっていくからいろんな事が分かって面白くなってきたと言ってます。

  2. たま より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >hanaさん
    コメントありがとうございます。
    歴史は、同じ時代もいろいろな視点からみると見え方が違ってまたおもしろいですね♪
    連続もののドラマを観続ける習慣があまりなかったのですが、今回は録画機能の助けも借りながら(笑)がんばって観ています(^^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。