砂浴 こころ編

砂浴でデトックスするのは
からだの毒だけではない

ということを、今回ははっきり体験しました。

砂に埋まってると、からだから毒ガスが出て
すっごく臭くなるんです。

わたしは口から息を吐くと 体内の臭いが出るのがわかりました。
口臭じゃなくて、ほんと、邪気が出るって感じです。
「はあ~~~~~~っ」って!

冷えとりでもあまりからだに瞑眩が出ないし
気で毒出しするタイプなんだなあと あらためて思いました。

なので、一番の変化を感じたのは、実は心の状態でした。
砂浴のあとしばらく、心がとても穏やかなのです。
感覚が鈍くなっているわけではなく、
感情はあるんだけど、
上がったり下がったりがなく、フラットな感じ。

砂浴だけでなく、ソフト断食をしたのも
影響があったと思います。
考えてみたら、2泊3日のソフト断食も初めての体験。

少食、不食は「食のとらわれ」から自由になるっていいますものね。
食だけじゃなく、いろんなものに「とらわれている状態」からの
解放があったのかもしれません。


そして、自分がまとう気の密度が濃くなったような
ちょっと今までにない感覚がありました。
なんというか、からだのなかの気を出して新しい気を入れている、
気の循環がからだのまわりでもわもわと起こっている感じ。


3日たって、食事も今まで通りにほぼ戻ってるんですが
小さな変化はちょこちょこと、いまだに続いています。


おもしろいです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。